喪中の相手に対するお歳暮

お歳暮は、もともとの意味として、一年間の感謝の気持ちを込めて、お世話になった相手に対して贈るものですので、特に結婚式のような慶事でも、葬式のような弔事でもありません。それ自体には慶事、弔事どちらの意味合いもないということは、詰まるところ、お歳暮を贈る相手が喪中の場合であっても、特にマナー違反、ルール違反にはあたらないことを意味しています。ただし、喪中は身内で亡くなった人を悼むための期間ですので、相手の気持ちも考えた上で、それにふさわしい対応をしなければならないのは確かといえます。たとえば、いくらお歳暮のシーズンだからといっても、初七日も終わらないあいだに相手の自宅に渡しに行くというのは考えものです。

それ以降も、特に四十九日までのあいだには、さまざまな法要を営まなければならず、相手としても何か気ぜわしいはずです。このような場合は、やはり一旦は遠慮をしておくべきで、たとえば時期をずらして、法要などが落ち着いたころに、寒中見舞いなどとして、別の名目で届けるのがよいといえます。また、そのままお歳暮を相手に贈る場合であっても、包装などに配慮をすることも適切といえます。一般的に、お歳暮にはのしを付け、紅白の水引をかけて相手に渡すのがふつうです。

のし紙に印刷されている場合はそれほど気を使う必要はないかもしれませんが、そうではない場合は、華美なのしや水引は外しておいて、シンプルな包装のものを渡すのがよいといえます。お歳暮のことならこちら