お歳暮とお中元の違い

お歳暮とお中元は似ているように見えますが、贈る意味合いは違っています。お歳暮は、一年間の感謝の気持ちを伝える際に送るものです。お中元は夏のあいさつ代わりに送るものです。これら二つをどちらも贈らなければならないという決まりはありませんので、好きな方を選んでください。

ですが、お中元のほうがあまり重視されていないことが多いです。また、以前までどちらも贈っていた場合でも、経済的な理由などからどちらか贈ることをやめたいといった状況に陥ることもあります。そういった場合にはお中元をやめるようにしましょう。ただし、急にストップするのではなく、次の年は暑中見舞いだけを贈り、そこから徐々にフェードアウトしていくといった形をとると相手に好印象を与えることができます。

また、仲のいい相手ならば、お中元をやめたとしてもお歳暮を贈ってさえいればそこまで大きな問題になることはありません。ただし、中にはお中元を贈ったのにも関わらず、お歳暮を贈らないのはマナー違反であるという意見もあります。これは、挨拶だけをしておいて、一年の終わりに感謝を伝えないということはいかがなものだろうか、という問題点を指摘した意見です。考え方は人それぞれですので、自分が贈り物を渡す相手はどのような考えを持っているのかを知っておくことが重要です。

ですが、普段そのようなことを聞く場面はそうそうないでしょうから、やはりお中元よりお歳暮を優先したほうがいいです。お歳暮のことならこちら