日持ちのするお歳暮とは

お歳暮をお世話になっている相手に贈るにあたって、特に相手の嗜好に合わせて食べ物を選択する場合には、日持ちがするかどうかは、やはり確認しておいたほうがよいといえます。お歳暮は相手に対して手渡すことができればよいのですが、いまではデパートやインターネット上のショッピングモールから、相手のもとに直接宅配便などで送付するようになっています。この場合、かならずしも、配達があったその日に相手が受け取ることができるとは限らず、場合によっては、相手が忙しいなどでタイミングが合わず、何日も宅配便の営業所に留め置かれてしまうこともあり得る話です。もしもお歳暮として選択した品物が、日持ちしないようなものであれば、このように受け取りに時間がかかってしまっては、その間にダメージが生じてしまう可能性があります。

同じ食べ物ではあっても、生物に近いものではなく、ハムやくんせいなどの火入れを済ませた加工品であれば、ある程度は長持ちするものです。また、缶詰やフリーズドライの加工がされている場合も、やはり日持ちがするという点ではすぐれています。カタログギフトのように、いきなり相手に送りつけるのではなく、相手の都合にあわせて送付されるようにするのもひとつの方法です。そのほかにも、はじめから食べ物ではなく、冬場の時期のお歳暮に合う、食べ物以外の品物として、入浴剤や洗剤、植物油、せっけんなどの選択肢もありますので、考えておいてもよいでしょう。

お歳暮のことならこちら